仁王門の光

細やかな灯篭の光が仁王門とバン字池をあたたかく包みます。
人々が祈願した献灯の火は、室生寺の境内全体を灯しています。

仁王門と紅葉

1迫力のある赤青の仁王像は、燃ゆる紅葉の中でひときわ存在感を放ちます。

仁王門の光

迫力のある赤青の仁王像は、燃ゆる紅葉の中でひときわ存在感を放ちます。
人々が祈願した献灯の火は、室生寺の境内全体を灯しています。

鎧坂と光

室生寺境内の鎧坂は、大小さまざまな石が積まれ、まるで 鎧のような様相をみせています。この坂を灯篭の光が照らし、金堂に続く鎧坂の存在感を際立てています。

金堂と手塚治虫ジュエリー絵画®︎

室生寺の御堂の中でもひときわ大きく存在感のある金堂。鎧坂を登ると、金堂と手塚治虫ジュエリー絵画®︎の展示がみえます。

織田信雄暮石と手塚治虫ジュエリー絵画®︎

五重塔を目前にして、左側には緑緑しい苔をびっしりと纏った織田信雄暮石があります。ここでも、手塚治虫ジュエリー絵画®︎が展示されました。今にも、火の鳥が現れそうな雄大な自然が目前に広がります。

山詩水明と手塚治虫ジュエリー絵画®︎

金堂に僧侶と手塚治虫ジュエリー絵画®︎が揃いました。
室生寺の境内に響き渡る山詩水明の経を人々は、耳をすませ、秋の紅葉を堪能していました。

鎧坂と手塚治虫ジュエリー絵画®︎

火の鳥が飛び立つ先には、鎧坂の光の導きがございます。

五重塔と竹細工

宝珠と思わせる竹細工の灯篭が置かれ、その先に青々光る五重塔に水を司る龍神が出現し、龍神信仰の地であった事を表現しています。

五重塔と青竜

青々光る五重塔に水を司る龍神が出現し、龍神信仰の地であった事を表現しています。

池に映る室生寺の紅葉 金魚

あぁ、ここに泳ぐ金魚たちは、まるで…
室生寺の紅葉の中を泳いでいるようではありませんか。
なんとも美しい水面の共演です。

門前町の光

門前町から光をたどると室生寺の境内へ導く、その先に待ち受けているのは・・・